MiniTool® Power Data Recovery アップグレード履歴

最高なデータ復元ソフトを目指すように頑張り続けております。

Windows 7/8/10/11及びすてべのWindows Server OSを対応

MiniTool > データ復旧ソフトウェア > アップグレード履歴
  • 2024
  • 2023
  • 2022
  • 2021
  • 2020
  • 2019
  • 2018
  • 2017
  • 2015
  • 2013
  • 2011
  • 2010
  • 2009
  • 2008
  • 2007
  • 2006
  • 2003

V11.8 (2024年1月9日) 最新のアップグレード!!

  • ソフトウェアのインストールパッケージのサイズを縮小しました。
  • 動画と音声のプレビューの読み込み速度を向上しました。
  • Office 2007ファイルのRAWスキャンを最適化し、ファイルの復元精度を向上しました。
  • MiniTool System Boosterをユーティリティに統合し、PCのパフォーマンを最適化しました。

V11.7 (2023年10月24日)

  • ダウンロードすることなく、ドキュメント用の組み込みファイルプレビューアを追加しました。
  • 写真、ビデオ、オーディオ、ドキュメント、電子メールのプレビューインターフェイス形式を統一しました。
  • Gif画像のダイナミック効果をプレビューできます。
  • 写真やドキュメントをプレビューする時に、Ctrl+UpとCtrl+Downを使用して拡大および縮小できます。
  • Excelテーブルのプレビュー中に、表示するシートを切り替えることができます。

V11.6 (2023年7月15日)

  • オーディオ、ビデオ、写真をプレビューできる新しいプレビューツールを提供します。
  • 新しいプレビューツールのインターフェース内でファイルを保存します。
  • RAWファイルのスキャン結果で、追加のファイルタイプを利用できます。
  • 一部のバグを修正しました。

V11.5 (2023年3月14日)

  • エラーコード-1 登録問題を修正します。
  • 検索結果画面でファイルを選択する際に表示されるファイル名の状態が間違ったバグを修正します。
  • 検索結果画面の前進と後退機能の異常問題を修正します。
  • 復元したファイル数と選択したファイル数が一致しないバグを修正します。
  • 検索結果画面で、前進と後退する際に選定したファイルのパスをハイライトします。
  • 検索機能を最適化します。入力されたファイル名の前後にスペースがある場合、検索結果も正常に表示できます。
  • MP4ファイルの異常により、保存の進捗が68%のまま止まってしまうバグを修正します。
  • 論理エラーによるソフトウェアのクラッシュ問題を修正します。

V11.4 (2022年12月20日)

  • 多数のスキャン結果から必要なファイルを素早く見つけるための検索ボックスを新たに搭載
  • スキャン結果からファイルを選択する際に、誤ったチェック状態が表示されるというバグを修正
  • 紛失したファイルをより速く見つけるために、ディスクのスキャン速度を継続的に向上

V11.3 (2022年8月9日)

  • データフィルタリング機能を最適化
  • exFATパーティションのデータ復元を最適化
  • メインインターフェイスのアニメーション バグを修正

V11 (2022年5月17日)

  • スキャン結果のページで「タイプ」のデータ構造を再構築
  • 指定のパスからスキャンする場合、「タイプ」でファイルが表示されないバグを修正
  • フィルター機能を最適化し、フィルター効果を向上
  • スキャン場所を選択する際のメイン画面の表示を最適化

V10.2 (2021年12月14日)1

  • 斬新なスキャン インターフェースとアイコン
  • スキャン プログレスバーの位置を最適化
  • ソフトウェアがCD/DVDをスキャンしないバグを修正

V10.1 (2021年10月19日)

  • より明確なツリー構造で検出されたファイルを表示
  • 真新しく強化されたフィルターオプション
  • 終了する前にスキャン結果を簡単に保存
  • Windows 11に対応

V10 (2021年7月20日)

  • インターフェイスを一新
  • FAT32型のディスク上のデータ復元効果を大幅に改善
  • いくつかのバグを修正

V9.2 (2021年1月21日)

  • exFATパーティションに対するデータのスキャンと復元の精度を向上させる
  • Windows高DPI環境での適応解像度スケーリング
  • 「選択されたデータサイズと復元されたデータサイズは、アルゴリズムの違いにより表示が異なる」を修復
  • 「無料版で、チェックされたデータサイズが、アプリ内の購入インターフェイスに表示されているファイル サイズと一致しない」を修復

V9.1 (2020年11月2日)

  • ソフトウェア内購入を追加する。
  • 無料版で1GBの復元制限をトリガーするファイルが完全に復元されるまで復元プロセスが続行されます。
  • d3d9.dllの欠落によるWinPEでMiniTool Power Data Recoveryブート失敗のバグを修復する。
  • d3d9.dllの動作不良によるファイルプレビューの失敗を修復する。

V9.0 (2020年8月3日)

  • デスクトップからの復元機能追加:復元先をデスクトップに選択できる
  • ごみ箱からの復元機能追加:復元先をごみ箱に選択できる
  • 指定フォルダからの復元機能追加:復元先をフォルダごとに選択できる

V8.8 (2020年4月20日)

  • Spanishスペイン語追加
  • ファイルプレビューアの多言語サポート追加
  • SWFファイルのRAWスキャン大幅に改善
  • ダウンロードやインストール速度がさらに向上

V8.7 (2019年12月31日)

  • 月間サブスクリプションおよび年間サブスクリプションエディションを追加
  • FLVおよびMOVファイルのRAWスキャンを改善
  • いくつかのバグ修正

V8.6 (2019年9月29日)

  • フランス語/イタリア語/韓国語を追加
  • データリカバリ案内マニュアルをより簡素に仕上げる
  • データ回復の効率を高め、データ回復の精度を高める
  • ビデオの寸法を表示できないバグを修正
  • 重いBMPファイルをプレビューする際、ソフト自体が固まるバグを修正
  • 別のコンピューターからコピーされた.rssファイルをロードできないバグを修正
  • 仮想マシンに仮想フロッピードライブがある場合、エラーメッセージが出されるバグを修正

V8.5 (2019年4月28日)

  • 以下を含む70種類のファイルのプレビューをサポートします。
    • ワード: “DOC”, “DOCX”, “RTF”, “DOT”, “DOTX”, “DOTM”, “DOCM”, “ODT”, “OTT”, “TXT”
    • エクセル: “XLS”, “XLSX”, “XLSB”, “XLTX”, “XLTM”, “XLSM”, “ODS”, “CSV”
    • PDF: “PDF”, “XPS”, “EPUB”, “TEX”, “CGM”, “XSLFO”, “SVG”
    • パワーポイント
    • 画像: “JPEG”, “JPG”, “JPE”, “BMP”, “TIFF”, “TIF”, “GIF”, “PNG”, “EMF”, “WMF”, “WEBP”
    • タスク: “MPP”
    • ダイヤグラム: “VDW”, “VSD”, “VSS”, “VST”
    • ノート:“ONE”
    • CAD: “DWG”, “DXF”, “DWF”, “IFC”, “STL”
    • XML: “XML”
    • ウェブ:“HTM”, “HTML”, “MHTML”, “MHT”, “XHTML”
    • Eメール: “MSG”, “PST”, “OFT”, “EML”
    • PSD: “PSD”
    • EPS: “PS”, “EPS”
  • 復元されたファイルが1GBを超えることを示す無料版のバグ修正
  • 「空きクォータが残っています」に負の値が表示される無料版のバグ修正
  • 1GBの制限を破らなくてもファイルを復元できない無料版のバグ修正
  • 仕様や規格を満たしていない表示のバグ修正
  • 時間フォーマット表示が統一されていないバグ修正
  • さらなるデータ損失につながる復元プロセス中にソフトウェアのアンインストールを許可するバグ修正

V8.1 (2018年8月15日)

  • バク修正
  • 日本語とドイツ語の追加
  • 紛失されたファイルの表示機能の追加
  • データ復元エンジンの改善
  • データ復元結果の強化

V8.0 (2018年5月2日)

  • 新しいUI
  • 改善されたデータ復元エンジン
  • スキャン中にファイルのプレビューと保存
  • データ復元結果の強化
  • Windows 10で削除したファイル、特に4GB以上のファイルの復元能力の向上

V7.5 (2017年9月29日)

WinPEブータブルビルダを搭載

V7 (2015年6月7日)

  • 新しいUI 主な機能は、動的なアイコンで明確にメインインターフェース上に表示されます。
  • 新しいスキャナー、スピード向上 新技術のスキャナーの導入により、大規模なデータベースをスキャンする効率が50%向上します。より多くのファイルを回復する時間を短縮します。
  • Windows 8.1/10対応 MiniTool Power Data Recoveryツールは、Windows 95からWindows 10(32ビット、64ビット)までのすべてのWindowsバージョンに対応します。

V6.8 (2013年9月25日)

バージョン6.8では、データのスキャン&復元エンジンが向上し、4096バイト/セクタのハードドライブをサポートします。

V6.6 (2011年9月16日)

自動エラー修正機能の追加によって、データのスキャン&復元エンジンを強化します。

V6.5 (2010年12月20日)

Version 6.5 may include unspecified updates, enhancements, or bug fixes.

V6.0 (2010年8月9日)

CD/DVDの復元、パーティションの復元、デジタルメディアの復元、画像の復元をサポートします。一体化したデータ復元ソフトウェアです。

V4.6.5 (2009年7月6日)

バージョン4.6.5は、Windows98/ME/2000/2003/Vista/2008、Windows 7およびすべての64ビットWindows OSをサポートします。

V4.6.0 (2009年1月27日)

バージョン4.6.0では、iPodとiPhoneのための回復能力が強化されます。

V4.5.3 (2008年9月10日)

バージョン4.5.3では、ディープスキャン機能は*.mdb、SQL Server*.mdfをサポートします。

V4.5.2 (2008年3月24日)

バージョン4.5.2では、不良セクタ処理能力と仮想ファイルツリー構築プロセスの速度が向上します。

V4.1.2 (2008年3月6日)

バージョン4.1.2はバグを修正するためのものです。

V4.1.1 (2008年2月19日)

バージョン4.1.1はバグを修正するためのものです。

V3.0 (2007年1月17日)

バージョン3.1はバグを修正するためのものです。

V2.0 (2006年8月16日)

Windows 98/Me/NT/2000/Server 2003では、復元するために、2番目のハードディスクを用意してください。

V1.0 (2003)

データ復元機能追加