言語:
English
  • はてブ

概要 :

MBRとGPT、マスターブートレコードとGUIDパーティションテーブル、MBR初期化、GPT初期化、MBRディスクに変換、GPTディスクに変換

MBRとGPT、どれがよいですか。MBRトGPTの違いは何ですか。この記事では、そういう議題について説明します。また、ディスクをMBRまたはGPTに初期化する方法、及びデータ損失なしでMBRとGPTの間でディスクを変換する方法を紹介します。

目次 :

新しいHDDやSSDをPCに接続した後に、常に以下の2つのオプションでディスクを初期化するように求められます。

  • MBR(マスタブートレコード)
  • GPT(GUIDパーティションテーブル)

MBR GPT初期化

しかし、多くの人々はMBRとGPTのどちらを選択するか躊躇して、どちらが良いか、どちらを選ぶべきかを詳しく知りたいです。

あなたはそのような問題に悩まされていますか。この投稿はMBRとGPTの違いをはっきり紹介し、お使いのHDDやSSDに最適なものを選択する方法を説明します。

MBR と GPTの違い

MBRとGPTは、マスターブートレコード(Master Boot Record)とGUIDパーティションテーブル(GUID Partition Table)の略語です。それらはHDD、SSDまたはリムーバブルデバイスをパーティション化する2つの方式です。

ハードディスクが採用したパーティション方式を確認するには、MiniTool Partition Wizardをご利用ください。それはディスク/パーティションのプロパティを調べたり、ディスクを(MBRまたはGPTに)初期化したり、パーティションを拡張したり、MBRとGPTの間でパーティション形式を変更したり、FAT32とNTFSの間でファイルシステムを変換したりする無料のパーティション管理ソフトウェアです。

無料ダウンロード

ダウンロードしてインストール後、実行してメイン画面に入ります。

MiniTool Partition Wizardメイン画面

スクリーンショットから、2つのディスクがあるのがわかります。1つはMBR、もう1つはGPTです。

MBRもGPTもハードディスク上に作成したパーティションを管理する役目を果たしていますが、いくつかの相違点があります。

1.MBRとGPTの導入時間が異なる

MBRは1983年3月にIBM PC DOS 2.0で導入され、現在まで使用されています。GPTは1990年代後半にUEFIの一部として開発され、近年普及しています。

2.MBRとGPTの構造は異なる

MBRは、マスターブートコード、ディスクのパーティションテーブル、およびディスクシグネチャを含む3つの部分で構成されています。パーティションテーブルは、Windowsのプライマリパーティションに対して最大4つのエントリをサポートします。

GUIDパーティションテーブルは、MBRベースのディスクユーティリティがGPTディスクを間違って認識したり上書きしたりするのを防ぐ保護MBR、自身と第2GPTヘッダーのサイズと場所を記録するプライマリGUIDパーティションテーブルヘッダープライマリGUIDパーティションエントリ配列バックアップGUIDパーティションエントリ配列、およびバックアップGUIDパーティションテーブルヘッダによって構成されます。GUIDパーティションテーブルには、Windowsで最大128個のパーティションエントリを格納できます。

MBRとGPTの構造

3.サポートするディスク容量とパーティション数が異なる

サポートするパーティション数

MBRパーティションテーブルは最大で4つのプライマリパーティションエントリを保持できるため、MBRディスクに最大4つのプライマリパーティションのみを作成することが許可されています。より多くのパーティションを作成したい場合は、多くの論理パーティションを作成できる拡張パーティションを作成する必要があります。ただし、論理パーティションをアクティブに設定することはできません。

逆に、GPTディスクのパーティション数は理論的にほぼ無制限ですが、Windowsの実装では128パーティションに制限されています。 GPT上の各パーティションは、MBRディスク上のプライマリパーティションのように機能します。

おすすめ記事解決済み-ディスクに存在するパーティションの数が既に上限に達している

サポートするディスク/パーティション容量

MBRに初期化すると、ディスクの容量にかかわらず、最大2TBまたは16TBのハードディスク容量しか使用できません。 ディスクをMBRに初期化し、従来の512Bセクタを使用している場合は、2TBしか使用できません。 4Kn(4Kネイティブ)セクタを使用している場合は、16TBを使用できます。

ただし、GPTディスクの長さは最大2^64論理ブロックにすることができ、論理ブロックは512バイトまたは4Kサイズにすることができます。したがって、GUIDパーティションテーブルは、MBRパーティションテーブルより非常に大容量のディスクをサポートします。実際、容量の限界を超えるハードディスクがまだ出現していないので、GPTのディスク容量やパーティション容量の制限について話す必要はありません。

4.MBRとGPTの互換性が異なる

Windows 7、Windows 8、Windows 10、Windows Server 2008、Windows Server 2012、Windows Server 2016などの現在すべてのWindowsオペレーティングシステムはGPTパーティションディスクを利用できますが、UEFIブートモードがサポートされて有効になっている場合、64ビットバージョンのみがGPTディスクからの起動をサポートします。

また、Windows XPの32ビットバージョンで保護 MBRが表示できるのみ、64ビットバージョンがGPTディスクをストレージとして使用できるのみです。

5.MBRとGPTのブートモードが異なる

マザーボードがレガシーブートのみをサポートしている場合、WindowsをMBRディスクから起動することができます。そのモードでWindowsをGPTディスクにインストールするには、「このディスクにWindowsをインストールすることはできません。選択されたディスクは GPT のパーティションの形式ではありません」というエラーメッセージが表示されます。

このディスクにWindowsをインストールすることはできません。選択されたディスクは GPT のパーティションの形式ではありません

レガシーブートモードでは、WindowsはGPTディスクにインストールされると起動できません。

しかし、マザーボードがUEFIブートのみをサポートしている場合、WindowsはGPTディスクからのみ起動できます。WindowsをMBRディスクにインストールすると、「このディスクにはWindowsをインストールすることはできません。選択されたディスクには、MBR パーティション テーブルがあります。EFI システムでは、GPT ディスクのみに Windows をインストールできます」というエラーメッセージが表示されます。

選択されたディスクには、MBR パーティション テーブルがあります。EFI システムでは、GPT ディスクのみに Windows をインストールできます

同様に、UEFIブートモードでは、WindowsはMBRディスクにインストールされると起動できません。

幸いなことに、現在のマザーボードはレガシーブートとUEFIブートの両方をサポートしているので、MBRディスクとGPTディスクの両方からWindowsを起動するにはBIOSでCSM(互換性サポートモジュール)を有効にするか、 GPTディスクからブートするにはUEFIを有効にするか、MBRディスクからブートするにはレガシーBIOSを有効にします。

また、マザーボードが1つの起動モードのみをサポートしている場合、記事「Windowsをディスクにインストールできませんか。ソリューションはここです」を参照して下さい。

Twitterでシェア

それでは、MBRGPTのどちらが良いかを説明しましょう。

MBRとGPTのどっちがよいですか

この部分の内容を読んでから、SSD、HDD、またはリムーバブルデバイスに適したパーティション方式を選択してください。

GPTは4つ以上のパーティションを作成しようとする場合に適しています。

MBRディスクは最大4つのプライマリパーティションを保持でき、GPTディスクはWindowsで最大128個のプライマリパーティションをサポートしているため、多くのパーティションが必要な場合はGPTが最適です。

注: ダイナミックディスクも最大128個のパーティションをサポートしているため、多数のパーティションが必要な場合は、ダイナミックディスクまたはGPTディスクを選択できます。 ただし、ダイナミックディスクの場合、ベーシックパーティションから変換され、パーティションテーブルにエントリを保持しているボリュームにのみWindowsをインストールできます。ベーシックパーティションから変換されたシンプルボリュームは、変換前にはシステムボリュームまたはブートボリュームでない限り、パーティションテーブルにエントリがありません。ダイナミックボリュームに新規インストールを実行する時に注意してください。

ハードディスクが2TB以上の場合、GPTはMBRより優れています。

MBRに初期化する場合は、512Bセクタでは、2TBのハードディスク領域しか使用できないため、ディスクが2TBより大きい場合は、ディスクをGPTにフォーマットする方がよいでしょう。しかし、ディスクが4Kのネイティブセクタを使用している場合は、16TBの領域を使用できます。

提示: MBRディスクにデータが保存されていても、データを失うことなくGPTに変換するのは可能です。詳細な手順はこの記事の最後の部分で紹介します。

GPTはセキュリティを求めている場合に優れています。

GPTディスクは、冗長性のためにプライマリおよびバックアップのパーティションテーブルを使用し、パーティションデータ構造の整合性を向上させるためにCRC32フィールドを使用するため、データセキュリティを重視する場合はこのパーティション方式を選択できます。

UEFIブートがサポートされている場合は、システムディスクをMBRではなくGPTにしてください。

MBRディスクからの起動と比較して、GPTディスクからWindowsを起動する方がUEFI仕様によって高速で安定しているため、コンピュータのパフォーマンスの向上が可能です。コンピュータのBIOS設定に入り、UEFIブートが有効になっていない場合は有効にしてください。

マザーボードがUEFIブートをサポートしない場合は、システムディスクをMBRにしください。

レガシーブートモードでは、Windowsを起動可能にするためにシステムディスクをMBRに初期化することが必要です。

Windows 32ビットをインストールする場合は、MBRをシステムディスクとして選択します。

GPTディスクから起動できるのは64ビット版のWindowsのみです。

非常に古いWindows OSを使用している場合は、システムディスクをMBRにします。

Windows XPまたはそれ以前のシステムを実行している場合、64ビットシステムであってもMBRがシステムディスクの唯一の選択肢です。そうでない場合、Windowsは起動できなく、インストールすることもできません。

Twitterでシェア

さて、ディスクをGPTまたはMBRに初期化する方法、またはデータを失うことなく、データを保存しているディスクをMBRとGPTの間でを変換する方法はありますか? 以下に紹介します。

MBRとGPT:データの損失なしでディスクを初期化または変換する方法

ディスクをMBRまたはGPTに初期化する方法

新しいハードディスクをMBRまたはGPTに初期化するのは簡単です、Windowsディスクの管理とMiniTool Partition Wizardの両方で行うことができます。

無料ダウンロード

ディスクの管理:

WinとRキーを押して実行ウィンドウを開き、diskmgmt.mscと入力してディスクの管理を起動します。次に、新しく追加されたハードディスクを初期化するように要求されます。MBRまたはGPTを選択できます。

MiniTool Partition Wizard:

プログラムを起動してメイン画面に入ります。

MiniTool Partiiton Wizardは新しく追加されたディスクをデフォルトでMBRに初期化しますが、ディスクを選択して左のアクションパネルから「GPTディスクに初期化」または「MBRディスクをGPTディスクに変換」を選択してディスクをGPTに変換できます。

MiniTool Partition WizardでGPTディスクに初期化するまたはMBRディスクをGPTディスクに変換

最後に、「適用」ボタンをクリックして変更を実行します。

しかし、もしディスクにたくさんのデータが保存されていたらどうすればよいですか?

データ損失なしでMBRとGPTの間でディスクを変換する方法

ディスクの管理:

ディスクの管理で重要なファイルをバックアップしてから、既存のすべてのパーティションを削除する必要があります。そうしないと「GPTディスクに変換」または「MBRディスクに変換」オプションがグレーで表示されます。

ディスクの管理でGPTディスクに変換

注: 多くのパーティションを作成するためにGPTディスクを使用しようとする場合、パーティションを削除することなくダイナミックディスクに変換できるため、MBRディスクをGPTに変換するよりダイナミックディスクに変換する方がよいです。しかし、2TBの制限を破りたいか、GPTの他の機能を利用したい場合は、GPTに変換してください。

MiniTool Partition Wizard:

MiniTool Partition Wizardを使用してデータとパーティションをそのまま維持して変換することができます。

無料ダウンロード

提示: MiniTool Partition Wizard無料版はデータディスクをMBR/GPTに変換できますが、システムディスクをMBR/GPTに変換することをサポートしません。システムディスクの変換を行う場合、有償版を使ってください。

今すぐ購入

まず、プログラムを実行してメイン画面に入ります。

次に、変換したいMBRまたはGPTディスクを選択し、左側のアクションパネルから「MBRディスクをGPTディスクに変換」または「GPTディスクをMBRディスクに変換」を選択します。

MBRディスクをGPTディスクに変換

最後に「適用」ボタンをクリックして変更を実行します。

まとめ

上述したMBRとGPTの情報を参照し、実際のニーズに応じて新しいHDD/SSDをMBRまたはGPTに初期化するか、古いHDD/SSDをMBRとGPTに変換してください。ご不明な点がございましたら、お気軽にコメント欄に残していただくか、[email protected]までメールをお送りください。

MBR VS GPTについてよくある質問

GPTとMBR、どちらがいいですか?

MBR(マスターブートレコード)とGPT(GUIDパーティションテーブル)は、システムがディスクパーティションを管理するのに役立つ2つの異なる形式です。MBRは1983年に運用し始めたディスクパーティション標準であり、現在まで使用されています。MBRディスクは互換性が高く、ほとんどのオペレーティングシステムと互換性があります。

MBRフォーマットディスクはいくつかの制限があります。それが最大2TBのディスクを処理可能、4つのプライマリパーティションのみをサポートします。しかしながら、GPTディスクでは、各ディスクに4つ以上のプライマリパーティションを作成でき、最大128個のパーティションがサポートされます。

MBRとGPTとの違いは何ですか?
MBRとGPTはパーティションの情報をハードドライブに保存する2つの異なる方式です。MBRとGPTディスクはいくつかの違いと制限があります。MBRディスクは、最大2TBのディスクと4つのプライマリパーティションをサポートします。それに対して、GPTディスクの容量はより大きくて、最大128個のパーティションが作成できます。Windowsは、64ビットバージョンのWindows 10/8/7/Vistaおよび対応するサーバーエディションを実行しているUEFIベースのコンピュータのみでGPTから起動できます。
MBRとGPT:どちらがSSDに最適ですか?
通常、レガシーBIOSはMBRのみをサポートしますが、UEFIはMBRとGPTをサポートします。したがって、MBRまたはGPTディスクを選択するとき、OSサポートを考慮に入れることができます。すべてのオペレーティングシステムはMBRディスクにインストールできます。ただし、すべてのWindowsバージョンはGPTパーティションディスクを使用してデータを格納できますが、UEFIベースのシステムの64ビットエディションのみが起動をサポートします。
MBRとGPT、どちらを選ぶべきか?
ディスクは2TBを超えて、ハードディスクで4つ以上のプライマリパーティションを管理したい場合は、ディスクをGPTにフォーマットできます。MBRまたはGPTを選択するとき、コンピュータがBIOSまたはUEFIのどちらを使用しているかを確認する必要があります。BIOSはMBRのみをサポートしますが、UEFIはMBRとGPTをサポートします。
  • はてブ