SSDとHDD、どちらが自分のパソコンに適しているのか?SSDとHDDの違いは何か?Minitoolのこの記事では、SSDとHDDを比較し、Windowsを再インストールせずにHDDからSSDに換装/OSを移行する方法を紹介しています。

ソリッド・ステート・ドライブ(SSD)とハード・ディスク・ドライブ(HDD)は、コンピューターのハードドライブとして一般的な2つの種類です。そして今、コンピューティングのニーズに応えるために多くの人はノートパソコンを購入し、ストレージコンポーネントとしてSSDとHDDのどちらを購入するかを決定する必要があります。

では、SSDとHDDはどっちがいいのでしょうか?実は、購入者ごとにニーズが異なるため、この質問に対する絶対的な答えはありません。そのため、自分のニーズ、好み、コース予算などを考慮して決めることが必要です。

今回の記事では、HDDとSSDを比較し、この2つのコンピューターハードディスクのメリットとデメリットを紹介することで、SSDとHDD、どちらを選べばいいのかが判断できるようになります。

HDDとSSDの定義について

HDDとは?

従来のハードディスクは電気機械式のデータ記憶装置であり、磁気ストレージを使用してデジタル情報を保存、読み出します。そして、コンピューター上の基本的な不揮発性ストレージです。つまり、電源を切ってもハードディスク上の情報が消えない、ということです。

本質的には、HDDは磁気コーティングを塗布した金属製プラッターです。プラッターが回転している間、アーム上の読み取り/書き込みヘッドがデータにアクセスします。HDDは、手頃な価格で信頼性の高いストレージを提供するため、デスクトップまたはノートパソコンに広く使用されています。

SSDとは?

SSDはソリッドステートストレージデバイスです。その特徴は、集積回路アセンブリをメモリとして備えて、データを長期的に保存しています。HDDとは異なり、SSDには可動機械コンポーネントがありません。その代わり、サムドライブと同じようにさまざまな方法で動作でき、より高速で信頼性も高いです。

関連記事:ノートパソコン用SSDドライブ:内蔵SSDと外付けSSDの使用方法

さらに、可動部品がないため、SSDのパッケージは通常非常にコンパクトであり、ノートパソコンやタブレットで一般的に使用されています。

このセクションを読むと、SSDとHDDの定義の違いが明確に理解できると思いますが、次のセクションでは、これら2つのドライブの価格、容量、信頼性、速度、起動時間などについて比較していきます。

SSDとHDDの違い

①SSDとHDDの違い:フォームファクター

HDDは、手頃な価格で信頼性の高いストレージを提供するため、デスクトップまたはノートパソコンに非常によく使用されています。最も一般的なフォームファクターは、2.5インチ(ノートパソコン用)と3.5インチ(デスクトップ用)です。標準化されたサイズにより、修理が簡単で、問題発生時のHDD交換も容易です。

現在使用されているほとんどのハードディスクは、SATAやSerial ATAといった標準的なインターフェースで接続されています。時には、特別な目的のために、一部の専用のストレージシステムでファイバーチャネル、シリアル アタッチド SCSI (SAS)、またはその他のインターフェースを使用する場合もあります。

多くのSSDメーカーが、2.5インチおよび3.5インチのハードドライブの代替として、プラグアンドプレイで使用できるSSDを製造しています。さらに、PCleの拡張スロットまたはマザーボードに直接取り付けることも可能です。この構成は、現在、ハイエンドのノートパソコンやオールインワンPCでよく見られます。

SSDには、データセンターアプリケーション向けに設計された高密度フォームファクター、例えば、標準的な12インチ定規に似たIntel SSD DC P4500など、他のフォームファクターもあります。

また、SSDサプライヤーは、より小さなフォームファクターで、より高速に、より多くのデータを保存する方法を追求し ています。今日、2.5インチHDDのようなSSDは少なくなっています。M.2 SSDのサイズは小型ですが、容量は他の2.5インチSATA SSDと同じです。

②SSDとHDDの違い:価格

1GBあたりのドルで換算すると、SSDはHDDより高価です。1TBの内蔵型2.5インチドライブは40~50ドルで、すなわち、ギガバイトあたり4~5セントの価値があります。

しかし、SSDの価格は近年下がっているものの、同じ容量とフォームファクターでを持つSSDにとって、1ギガバイトあたり14セント(Crucial MX500 1TB 3D NAND SATA 2.5インチ内蔵SSD:134.99ドル)に達します。

HDDは、より古く成熟した技術を使っているので、将来も安価なままでしょう。しかし、高価なSSDは、システム価格を予算オーバーにする可能性があります。

【2024年版】1TB M.2 SSDのおすすめ5選
【2024年版】1TB M.2 SSDのおすすめ5選

近年、M.2 SSDが人気なので、M.2 SSDにシステムをアップグレードしたいという方は多くなります。この記事は1TB M.2 SSDのおすすめ5選とOSのアップグレード方法を紹介します。

もっと見る

③ハードディスクとSSDの違い:容量

比較的には、ハードディスクドライブはSSDよりも大きな容量を提供できます。

HDDメーカーは、より多くのデータをHDプラッターに保存するために目覚ましい進歩を遂げでいます。そして、消費者もより大きな容量のドライブの恩恵を受けています。1つの技術はドライブ内の空気をヘリウムで置換することであり、もう1つは HAMR (熱補助磁気記録) です。

Seagate(シーゲイト)というメーカーは、HAMRテクノロジーを採用した16TB 3.5インチHDDを世界で初めて開発しました。また、Western Digital(ウエスタンデジタル)は2020年に最大20TBの大容量HDDを発売しています。

しかし、SSDの場合は、500GB、1TB、2TBがよくある容量で、最大モデルは4TBで一般的ではありません。

④SSDとHDDの違い:起動時間

また、SSDとHDDのデータ転送速度について見てきましょう。

速度を比較すると、SSDはHDDよりも速いです。「SSD HDD 速度比較」で検索すると、SSDとHDDの速度テスト、特に起動時間に関する動画が数多く見つかります。

対照的に、SSDの平均起動時間は10~13秒くらいである一方、HDDの平均起動時間は30~40秒です。また、アプリケーションの負荷テストでは、依然としてHDDの速度がSSDより遅いです。まとめると、SSDとHDDの起動時間を比較した場合、SSDが勝者です。

HDDの機械的特性により、全体的な性能が制限されます。ハードディスクドライブメーカーは、データ転送速度を向上させ、待ち時間とアイドル時間を短縮するためにたゆまぬ努力を続けていますが、できることには限りがあります。

一方、SSDはHDDと比べ、パフォーマンスに大きな優位性を持っています。SSDを搭載したPCは、起動速度が速く、アプリケーションの起動と実行が高速になり、ファイルの転送も速くなります。これはSSDの利点です。

⑤SSDとHDDの違い:ゲーミング

また、PCゲーマーの中には、ゲームをプレイする際にSSDとHDDのパフォーマンスについて関心を持たれる方もいらっしゃるでしょう。実際、SSDとHDDの速度テストではSSDの方が成績が良いので、ゲームを快適にプレイしたいのであれば、SSDをお勧めします。

ソリッドステートドライブにゲームをインストールすると、通常、従来のハードドライブにインストールされたゲームよりも高速に起動できます。一般的に、SSDからゲームを起動するのにかかる時間は、HDDから起動するのに比べて半分以下となります。

また、SSDにゲームをインストールした場合、ハードディスクにインストールした場合よりも、ゲームメニューからゲームを開始するまでの読み込み時間が短縮されます。

したがって、SSDとHDDのどちらがゲームに適しているかといえば、SSDに軍配が上がります。

なお、SSDを搭載したからといって、お使いのPCで最新のトップゲームを高速に実行するのに役立ちません。とはいえ、起動時間が長くなったことで、ゲームのロード時間が短縮され、ゲームをプレイするのに長い時間待つ必要がなくなります。さらに、SSDは大容量の動画ファイルをより速く移動できます。

関連記事:Seagateが最新のゲームドライブ「Xbox SSD」を発表

⑥SSDとHDDの違い:信頼性

SSDは、可動部品がないため、落としても壊れにくいです。そして、極端な暑さや寒さに影響されないので、過酷な環境条件でも非常に信頼性が高いです。ただし、HDDは過酷な環境下で問題が発生することがあり、落としただけでも壊れることがあります。一般的に、SSDは極寒の地やリフトオフを体験しない限り、物理的に破損する可能性は低いです。

また、信頼性率はMTBF(平均故障間隔) で定義されており、ハードドライブを購入する際の説明に記載されています。一般的にSSDとHDDのMTBFはそれほど違いはありません。

⑦SSDとHDDの違い:寿命

SSDには可動部がありませんが、各メモリパックには寿命があるため、動作しなくなるまでに書き込みとび読み込みができる回数が制限されます。

HDDと比較すると、SSDの寿命はさらに制限されています。一般的に、SSDの寿命の推定値は5年です。

さらに、HDDとSSDには他の側面でもいくつかの違いがあります。例えば、HDDは消費電力が大きく、騒音や発熱があります。その一方、SSDは消費電力が低く、騒音がなく、耐久性に優れています。これらについて、ここで詳しく説明しません。

Twitterでシェア

以上はSSDとHDDの違いについての情報です。まとめると、ハードディスクドライブは低価格かつ大容量であるため、コスパに優れています。ただし、速度、フォームファクター、騒音、耐久性、断片化などが考慮すべき重要な要素であれば、SSDがおすすめです。HDDと比較して価格が高く、容量が小さいということがなければ、SSDがベストな選択となるでしょう。

SSDとHDDの違い

ハードディスクドライブとソリッドステートドライブの違い:どっちを使うべきか?

SSDとHDDの違いを理解した上で、「HDDとSSD、PCで使うならどっちがいい?」という疑問が出てくるかもしれません。

次の場合には、HDDがよりよい選択となります。

  1. 最大16TBの大容量ストレージが必要な場合。
  2. あまりお金をかけたくない。
  3. コンピューターの起動やプログラムの実行の速度、ゲームをプレイする時のスムーズさにはあまり気にしない。

次の場合には、SSDが適切な選択肢となります。

  1. ゲームをより速くプレイしたい、Windowsをすばやく起動して高性能を楽しみたい場合。
  2. ストレージ容量が制限されていても気にならない。
  3. 音楽を録音する時、ハードディスクからの雑音を聞きたくない。

要するに、HDDは依然として多数の一般消費者に人気のある選択肢であり、より安価なため、新しいコンピューターのストレージオプションとしてHDDを選択することが多いです。

しかし、より多くのユーザーが最高のコンピューティングパフォーマンスを望むので、新しいデバイスにSSDを使用したり、既存のデバイスのアップグレードとしてSSDを購入したりすることが多いです。SSDは、モバイル機器に多くの利点をもたらすため、特にノートパソコンでは、現在、主流で標準的なストレージメカニズムになりつつあります。

HDDからSSDに換装する方法

SSDとHDDの性能を比較すると、起動時間に優れているなど、速さではSSDが勝ります。より高速なパフォーマンスが必要で、すでにHDDにWindows OSがインストールされている場合は、HDDをSSDに換装することがお勧めです。

デスクトップやノートパソコンのストレージを交換する場合、OSや個人ファイルを新しいドライブに手動に配置する場合があります。

しかし、心配する必要はありません。一般的には、OSを再インストールせずに既存のWindowsインストールを移行する最も簡単な方法は、ドライブのクローンを作成することです。今回は、HDDからSSDに移行する方法を紹介します。

ここでは、MiniTool ShadowMakerの使用を強くお勧めします。一見すると、このツールは、ファイル、OS、ディスクまたはパーティションをバックアップするのに役立つプロフェッショナルなPCバックアップソフトであることがわかるでしょう。

ただし、実はこのソフトはハードディスクのクローンソフトとしても使用できます。「ディスクのクローン」という強力な機能を提供するので、OSを再インストールせずに、システムファイル、設定、アプリケーション、ディスクデータなどすべてものをHDDからSSDに転送することができます。

それでは、下のボタンからMiniTool ShadowMakerトライアルを入手し、無料で試してみてください。

MiniTool ShadowMaker Trialクリックしてダウンロード100%クリーン&セーフ

ステップ1:MiniTool ShadowMakerを起動して、「体験版で続く」をクリックします。

ステップ2:クローン機能はどこですか?「ツール」タブを開き、「ディスクのクローン」機能をクリックするだけで、ディスクのアップグレードが開始され、パフォーマンスが向上できます。

MiniTool ShadowMakerディスククローン

ステップ3:次に、クローン元ディスクとクローン先ディスクを選択する必要があります。ここでは、HDDからSSDに換装・交換するつもりなので、HDDをソースディスクとして、SSDをターゲットディスクとして設定してください。

HDDからSSDに換装

提示:

  • SSDの最大容量はHDDより小さい場合、HDDを小容量SSDにクローンできますか?SSDにHDDのデータをすべて保存できる十分なディスク容量がある限り、このツールを引き続き使用することができます。
  • ディスククローン処理によって、SSD上のデータはすべて削除されますので、SSDに重要なデータがないか、必要なファイルをバックアップしておくことを確認してください。

ステップ4:その後、MiniTool ShadowMakerはHDDからSSDへのクローンを開始します。プロセスが完了するまで、気長にお待ちください。

ディスククローンプロセス

クローン作成操作が完了したら、ノートパソコンからHDDを取り外し、SSDをパソコンに取り付けます。そうすることで、Windows OSを素早く起動したり、ゲームをスムーズにプレイしたり、プログラムを短時間で実行したりと、SSDの優れたパフォーマンスを楽しむことができます。

SSDとHDDの違いを理解した上、SSDの方がパフォーマンスが高いので、SSDを起動ドライブとして使いたいのです。MiniTool ShadowMakerを使うと、OSを再インストールすることなく、簡単にHDDをSSDに換装できます。Twitterでシェア

また、Windows OSをHDDからSSDに移行するだけなら、もう1つのハードディスククローンソフト-MiniTool Partition Wizardを使うこともできます。このソフトはOSをSSD/HDDに移行する機能を提供し、WindowsシステムだけをSSDに移行したり、システムディスク全体をSSDにクローンしたりすることができます。

MiniTool Partition Wizard Freeクリックしてダウンロード100%クリーン&セーフ

関連記事:再インストールせずにWindows 10をSSDに移行する方法

結語

この記事では、SSDとHDDの違いについての情報を詳しく紹介しています。上記の内容を読んだ後、SSDとHDDのどっちが自分のPCに適しているか、という疑問の答えがわかります。

簡単に言うと、安いコストと大容量のストレージが必要な場合はHDDがおすすめで、速度と高いパフォーマンスを追求する場合はSSDがおすすめです。また、OSを再インストールすることなくHDDからSSDに換装・交換するには、MiniToolプログラムがお役に立ちます。

SSDとHDDの違いについて他に何かお考えがある方、MiniToolソフトウェアに関連するご質問がある方、下のコメント欄にお寄せください、または[email protected]までお気軽にお問い合わせください。

  • hatena