コンピュータのオペレーティングシステムが壊れていると、それにアクセスすることはできません。また、オペレーティングシステムがない場合、コンピュータやハードディスクにアクセスすることもできません。今日の記事では、起動できないハードディスクからデータを復元する方法を紹介します。

ハードディスクが起動できない

OSがないハードディスクからデータを復元する方法」や「起動できないハードディスクからデータを復元する方法」などのテーマを見るとき、皆さんはどう思いますか?

調査によると、OSが壊れて正常に起動できないコンピュータからデータを復元する方法を探している人は、よくこの問題を検討するそうです。また、OSをインストールしていないハードディスクからデータを取り戻す方法を知りたい人もいます。

コンピュータが起動できない
  • クラッシュ/破損したOSを搭載したコンピュータが通常通り起動できない場合、内蔵ハードディスクに保存されたデータへのエントリを失い、システムファイルの復元が難しくなると思われるでしょう(基本的にOSがないコンピュータにアクセスできないため)。
  • 一方、データディスクのデータだけを失った場合は、コンピュータ上で直接ハードディスクからファイルを復元できます。

そこで、次の部分では前者の状況に焦点を当て、対処法を説明します。

OSがクラッシュした後、コンピュータにアクセスできなくなったとき、絶望的にならないでください。MiniTool Power Data Recoveryブータブル版を使えば、OSなしでハードディスクからデータを復元することができます。

MiniTool Power Data Recovery Trialクリックしてダウンロード100%クリーン&セーフ

WinPE Bootable Builder搭載(ブートエディションを作成するために使用)は、MiniTool Power Data Recoveryの有料版に組み込まれていることに注意してください。ニーズに応じてこの機能を提供するライセンスを選択する必要があります。ライセンス比較を見るにはここをクリックしてください。

その後、クラッシュしたハードディスクからデータを復元する方法と、コンピュータが起動できなくなった原因をご紹介します。

OSなしでハードディスクからデータを復元する方法

Windows 10は大きなシェアを占めているので、Windows 10を例にして、OSなしでハードディスクからデータを復元する方法を紹介したいと思います。システムファイルの復元、OSのないコンピュータから必要なデータの復元、クラッシュしたOSの修復など、以下の情報は非常に役立ちます。

Power Data Recovery起動ディスクで復元する

システムを修復するよりも、クラッシュしたハードディスクからファイルを復元する方法を知りたい場合、この方法が最適です。実際、システムを修復する前に、クラッシュしたハードディスクからファイルを復元することをお勧めします。なぜなら、修復自体や修復中のエラーによってデータが損傷され、復元不可能になるからです。

以下のコンテンツでは、起動できないハードディスクからデータを復元する方法のみを取り上げます。ブータブルCD/DVDまたはUSBフラッシュドライブを作成したい場合は、次の記事のパート2で記載されているブートディスクの作成方法をお読みください。

関連記事:壊れた内蔵ハードディスクからデータを復旧 — 究極のチュートリアル

データの復元方法

ステップ1作成したブータブルディスクをターゲットコンピュータに接続します。

ステップ2コンピュータを再起動し、F2または他のキー(コンピュータモデルによって異なる)を押してBIOSメニューに入ります。ブート設定を変更し、コンピュータがこの復元CD/DVDまたはUSBフラッシュドライブから起動します。

ステップ3次のウィンドウが表示されたら、「MiniTool Power Data Recovery」を選択します。

「MiniTool Power Data Recovery」を選択

ステップ4ソフトウェアのインターフェイスから「論理ドライブ」オプションを選択します。そして、ハードディスクをダブルクリックするか、「スキャン」ボタンをクリックしてファイルをスキャンします。その後、スキャン結果から必要なファイルをブラウズしてチェックします。「保存」ボタンをクリックしてファイルを復元します。

ファイルをスキャン

この時、これらのファイルを外付けディスク(ハードディスク/フラッシュドライブ)に復元する必要があり、すべてのファイルが完全に復元されるまで、ディスクをコンピュータに接続しておく必要があることにご注意ください。

警告:
コンピュータと外付けディスクの接続が切断されると、二次的な損害が発生する可能性があります。

Twitterでシェア

システムの修復機能で復元する

Windowsのシステム修復機能は非常にインテリジェントで、自動的にエラーを修正できます。例えば、適当でないシャットダウンに起因する小さな問題が発生した場合、「高度なスタートアップ オプション」でシステムの修復で解決することができます。

状況1

適当でないシャットダウン後にシステムを再起動すると、「Windowsエラー回復処理」画面が表示され、カーソルはデフォルトで「Windowsを通常起動する」オプションに留まります。同時に、カウントダウンが開始されます。システム自体はOSの起動を許可しているので、問題は自動的に修復されました。

Windowsを通常起動する

状況2

さらに、不適切な操作やハードウェアの変更によってシステムファイルが破損したり、ファイルの構成が正しくなかったりすると、システムクラッシュにつながる可能性があります。コンピュータを再起動すると、「Windowsエラー回復処理」画面に入ります。

この画面では2つのオプションが選択できます。

この時、カーソルはデフォルトで「スタートアップ修復を起動(推奨)」オプションに留まります。明らかに、Windowsはシステムを自動的に修復するオプションを選択してほしいです。

スタートアップ修復を起動(推奨)

コンピュータの修理後、内蔵ハードディスク内のデータにアクセスしたり、重要なデータを他のストレージデバイスに転送したりバックアップしたりすることができます。

提示:
テストした結果、「Windowsを通常起動する」を選択すれば、ほとんどの場合、システムは正常に起動できることがわかりました。しかし、修復せずに直接起動すると予期せぬ問題が発生する可能性があるため、少し時間をかけてシステムの修復をするほうがいいと思います。こうすることで、システムの安定性を保つことができます。

システムの復元で復元する

Windowsの「エラー回復処理」画面で、「スタートアップ修復の起動(推奨)」でも、「Windowsを通常起動する」でも、問題を解決できない場合は、システムの復元機能に試してみてください。

Windowsで「システムの復元」を実行する方法は以下の通りです。

1、Windowsが起動している間に、キーボードのF8キーを押します。

2、「詳細ブートオプション」画面で「コンピューターの修復」オプション(デフォルトで選択)を選択します。

3、Enterを押して続行します。

4、キーボードの入力方法を選択し、「次へ」をクリックします。

5、ユーザー名とパスワードを入力し、「OK」をクリックしてシステムの復元ポイントを作成します。

コンピューターの修復

6、「システム回復オプション」ページで、「スタートアップ修復」や「システムの復元」、「システム イメージの回復」、「Windowsメモリ診断」、「コマンドプロンプト」のオプションがあります。ここで、「システムの復元」を直接選択し、プロンプトに従って復元ポイントを選択してください。

「システムの復元」を選択

7、その後、コンピュータを再起動して、正常に動作するかどうかを確認してください。一般的には、この方法は起動できないシステムやその他の問題を修復できます。

提示:
コンピューターのモデルによって、F2、F12、または別のキーを押して「詳細ブートオプション」ページに入ることもできます。

実は、「システムの復元」機能を使用する前に、2つの条件を満たす必要があります。

  • システムパーティションでシステム保護機能が既に有効になっています。
  • システムの復元ポイントは、手動または自動で作成されてしまいました。

回復ディスクまたはインストールディスクで復元する

ついていないなら、システムパーティションがひどく壊れて、上記の方法は役に立たない可能性があります。この場合、Windows回復/インストールディスクが必要です(回復ディスクは復元ディスク、修復ディスク、ブートディスク、レスキューディスクとも呼ばれます)。

実行する方法は以下の通りです。

1、回復ドライブ/インストールディスクでコンピュータを起動します。

2、「システム回復オプション」ウィンドウに入ります。

3、「以前に作成したシステムイメージを使用して、コンピューターを復元します」にチェックを入れます。

4、次の操作は上記の方法に似ています。

チェックを入れます

システムパーティションで障害があるのでWinREが機能しないため、システムは代わりにシステム回復ドライブのWinREを自動的に実行します。

提示:
内蔵ハードディスクをコンピュータから取り外し、別のハードディスクに接続することで、より簡単にデータを復元できます。しかし、内蔵ハードディスクが取り外せるかどうかを確認し、物理的な損傷や永久的なデータ損失を避けるために、取り外しや接続の際に十分優しく行う必要があります。

OSなしでハードディスクを復元する方法、クラッシュしたノートパソコンを修理する方法など、ここで提供される解決策は役に立ちます。

Windowsのシステムイメージ回復機能で復元する

ウイルスなどの原因でシステムユーザーフォルダが壊れた場合は、「システムイメージの回復」機能を利用する必要があります。「システムイメージの回復」を見つけて有効にする方法は、前に言ったことと同じです。

提示:
この機能を使用するには、クラッシュする前にシステムイメージを作成する必要があります。また、重要なファイルがある場合は、システムイメージの回復中に生成されたファイルが個人データを上書きするため、WinPEに入る前に、バックアップをしておいてください。

コンピュータが起動できない問題について

コンピュータの起動問題の直接の原因は、OSの損傷やクラッシュです。では、どうしてOSが壊れたりクラッシュしたりするのかご存知ですか?実は、必要なブートファイルの紛失、ブートパーティションの削除/破損/紛失、スタートアップパラメータ設定エラー、物理的な損傷でブート情報の読み込みに失敗するなど、いろいろな原因があります。

異なる原因によって異なる現象が引き起こされますが、結果は同じです。クラッシュしたシステム/OSなしのハードディスクを搭載したコンピュータは起動できなくなり、コンピュータに保存されたファイルが読み込めません。。

では、OSクラッシュ問題の分析について詳しく見てみましょう。

システムクラッシュ現象

いつものようにコンピュータを開いてOSを起動し、データにアクセスしようとすると、ある段階で起動プロセスが停止します。その間、何度再起動を試みても問題は解決できません。この時、どうすればいいですか?

起動プロセスが停止

このようなディスク障害に遭遇する時、ディスクのパーティションを再分割したり、OSを再インストールしたりして、問題を解決しようとする人がいます。しかし、それは役に立ちますか?

もちろん、物理障害でハードディスクが使用できなくなった場合を除き、OSの再インストールは有効です。しかし、ブート障害に遭遇した後にOSの再インストールを行うことはお勧めしません。

理由は次のとおりです。

  • 再インストールプロセスはかなり面倒で危険です。
  • OSのインストール中に大量のデータが失われ、深刻なデータ損失を引き起こすかもしれません。

そのため、このような状況で行うべきことは、ただ落ち着いて(クラッシュしたハードディスクからファイルを復元する方法を急いで聞かないでください)、対応するプロンプト情報に基づいて障害の原因を分析することです。こうして、問題を正しく処理するための適切な対策を取ることができます。

システムクラッシュの特定の原因

システムクラッシュ問題を引き起こす原因には2つのタイプがあります。1つは物理障害で、もう1つは論理障害です。

  • OSのないハードディスクが物理的に破損し、コンピュータを再起動できない場合、コンピュータからディスクを取り外してサーフェスチェックを行う必要があります。問題が深刻な物理障害に起因することを確認したら、データを救出するためには、専門のデータ復旧業者に依頼し、ディスクを開けて復元を試みるしかありません。
  • 逆に、ソフトウェアの故障が原因でシステムがクラッシュした場合は、この起動できないハードディスクからデータを復元できる可能性が高くなります。データ復元した後、クラッシュしたOSの修正を試みることができます。

以下のことに注意してください。

  1. ハードディスクが物理障害で壊れたが、程度が非常に軽い場合(例えば、不良セクタのみがある)は、ハードディスクからデータを復元して修正できます。
  2. ハードディスクが論理障害で壊れたが、別のコンピュータに接続して壊れたディスクに新しいデータを書き込んだ場合、失われたデータは上書きされ、永久に失われる可能性があります。

システムクラッシュのプロンプト

システムクラッシュは通常、パーティションテーブルの損傷によって引き起こされると言われています。その場合、「Invalid partition table(無効なパーティションテーブル)」、「オペレーティングシステムの読み込みエラー」、「Non-System disk or disk error(非システムディスクエラーまたはディスクエラー)」といったプロンプトが表示されます。

そのほか、以下のような一般的なプロンプトメッセージが表示されることもあります。

  • NTLDR is missing
  • Missing operating system
  • Operating System not found
  • NO ROM BASIC, SYSTEM HALTED
  • DISK BOOT FAILURE, INSERT SYSTEM DISK AND PRESS ENTER.
  • 問題が発生したため、PCを再起動する必要があります。エラー情報を収集してます。自動的に再起動します。
  • Technical information: *** STOP: 0x000000E2 (または0x0000008Eなど)
  • BSOD: Error 333 Registry Failure of Windows operating system – Host: BLUE SCREEN ERROR 0x000000CE.
NTLDR is missing

さて、上記のようなエラーメッセージが表示されたら、その原因を分析し、適切な解決策を見つける必要があります。

Twitterでシェア

注意事項

OSがクラッシュする可能性を減らすために、以下のことに注意してください。

  • システムリソースの使用状況をを気をつけてください。
  • 必要に応じて、インストールされたプログラムを安全な方法で削除します。
  • 新しいソフトウェアやプログラムをインストールするたびに、システムとの互換性を確認します。
  • また、インストール前に既存していた共有ファイルや使用済みのDLLファイルを保護して、新しいデータで上書きされないようにします。
  • 適当でない操作やブルースクリーンが発生した場合は、プロンプトメッセージをよく調べ、考えられる原因を分析してください。

結論

システムクラッシュやコンピュータの故障に遭遇した時、たとえ貴重なデータがたくさん保存されていたとしても、落ち着いてください。状況を大まかに分析し、上記の内容から最も適した解決策を選べば、順調に問題を解決できると思います。

もちろん、OSのクラッシュ問題や不要な回復操作を避けるために、日常業務でコンピュータを使用する際には、より多くの注意を払う必要があります。何か質問があれば、メッセージを残してください。

  • hatena