コンピュータをスリープモードから復帰しても画面が黒いまま?なぜこの問題が発生するのでしょうか?「スリープ後にWindowsの黒い画面が表示される」に直面する場合、どのような対処法がありますか?修復後にコンピュータが黒い画面のままになったらどうしますか?MiniToolのこの投稿から回答を得てください。

スリープモードから復帰しても画面が黒いまま

Windowsオペレーティングシステムは、その優れた使いやすさ、強力なマルチタスク機能、超互換性により、世界で最も広く使われているデスクトップオペレーティングシステムの1つとなっています。しかし、その一方で課題もあります。死の黒い画面は、最も一般的な問題の1つです。例えば、Windowsアップデート後の黒い画面、グラフィックドライバをインストールした後の黒い画面、Alt + Tabキーを押した後の黒い画面などです。

本日は、もう一つの黒い画面の問題‐スリープ後のWindowsブラックスクリーンについて説明します。これは、スリープモードからコンピュータを起動した後、PCの画面が黒いままであることを意味します。あるユーザーはこの問題を次のように説明しています。

最近Windows 10をアップデートした後、スリープモードから解除しようとすると、コンピュータの画面が黒いままになってしまいます。例えば、ノートパソコンを閉じた後、スリープ状態になり、1時間ほどして戻ってトップカバーを開け、コンピュータを再起動すると、画面は黒いままだが、コンピュータは起動しています。画面を正常に戻すには、電源ボタンを押し続けて電源を切り、コンピュータを再起動しなければなりません。これが最近のWindows 10へのアップデートと関係があるのかどうかはわかりません。どなたか助けていただけませんか。よろしくお願いします。answers.microsoft.com

「デスクトップ/ノートパソコンの画面がスリープ後にオンにならない」問題について、考えられる原因を以下にまとめました。

  • グラフィックカードのドライバが古いか壊れています。
  • 高速スタートアップとハイバネーションが有効になっています。
  • 特定のWindowsサービスが正しく有効になっていません。
  • 電源管理設定が正しく設定されていません。
  • コンピュータのハードウェア障害。

では、次に、黒い画面を取り除く方法をご案内します。

対処法:電源が入るのに画面が映らない(8つ)
対処法:電源が入るのに画面が映らない(8つ)

パソコンが起動しても画面が真っ黒な時はどうすればいいでしょうか。この記事では、PCの電源が入るのに画面が映らない問題を解決するための8つの方法を紹介します。

もっと見る

スリープ後のWindowsブラックスクリーンの解決策

解決策1、コンピュータを強制シャットダウンして再起動

スリープモードから復帰してもパソコンが黒い画面のままになっている場合、まず最初にすべきことは、パソコンを強制シャットダウンしてから再起動することです。

デバイスの電源が完全に切れるまで、パソコンの電源ボタンを数秒間押し続けます。ちなみに、ノートパソコンをお使いの場合は、電源プラグを抜く必要があります。

次にコンピュータを起動し、正常に起動するかどうかを確認します。

提示:
コンピュータの再起動後にファイルが紛失した場合、無料のファイル復元ソフト‐MiniTool Power Data Recovery無料版を使って削除されたファイルを復元することができます。

MiniTool Power Data Recovery Freeクリックしてダウンロード100%クリーン&セーフ

コンピュータが正常に起動すれば、以下の操作を通常どおり行うことができます。デバイスが黒い画面のままであると仮定すると、Windows回復環境に入って以下の解決策を試す必要があります。この記事では起動可能/起動不可能なコンピュータでWindows回復モードに入る方法を詳しく説明します。

解決策2、高速スタートアップ/休止状態をオフにする

コンピュータをシャットダウンすると、高速スタートアップはコンピュータを完全にシャットダウンする代わりに休止状態にします。これにより、Windowsの起動が速くなります。しかし、この機能によって黒い画面が表示されることがあります。

そこで、「高速スタートアップ」オプションを無効にしてみて、黒い画面が消えるかどうかを確認します。

ステップ1、Windowsの検索ボックスに「電源プランの選択」と入力し、クリックします。

ステップ2、左側のパネルで、「電源ボタンの動作の選択」をクリックします。

ステップ3、「現在利用可能ではない設定を変更します」をクリックします。

ステップ4、「高速スタートアップを有効にする(推奨)」と「休止状態」の横のチェックボックスをオフにします。その後、「変更の保存」をクリックします。

「休止状態」をオフにする

解決策3、グラフィックスドライバの更新

通常、グラフィックスドライバーは、Windowsのアップデートと一緒に自動的に更新されます。それにもかかわらず、多くの場合、ブラックスクリーンの問題は、古いグラフィックカードドライバーによって引き起こされます。そのため、「スリープ後にWindowsの黒い画面が表示される」状況に陥った場合、手動でドライバーを更新することができます。

ステップ1、タスクバーで「スタート」ボタンを右クリックし、「デバイスマネージャー」を選択します。

ステップ2、「ディスプレイアダプター」オプションを展開し、ディスプレイデバイスを右クリックし、「ドライバの更新」を選択します。

「ドライバの更新」を選択

ステップ3、お使いのコンピュータの指示に従って、すべてのプロセスを完了します。

解決策4、電源トラブルシューターを実行

電源トラブルシューターは、電源設定に関連する問題を検出し、修正することができます。このトラブルシューターを実行することも、ブラックスクリーンの問題を取り除く効果的な方法です。

ステップ1、「Windows + I」キーボードショートカットを押して「設定」を開きます。

ステップ2、「更新とセキュリティ」>「トラブルシューティング」>「追加のトラブルシューターツール」をクリックします。

ステップ3、「電源」を見つけてクリックし、「トラブルシューターツールの実行」をクリックします。その後、プロセスが完了するまで待ちます。この方法でコンピュータをスリープモードから解除できない場合は、次の方法をお試しください。

「トラブルシューターツールの実行」をクリック

Twitterでシェア

解決策5、App Readinessサービスを無効にする

App Readinessサービスは、このコンピュータに初めてログインするときや、新しいアプリを追加するときにアプリを準備します。しかし、ユーザーの経験によると、このサービスが「スリープ後に黒い画面が表示される」問題の原因になっている可能性があります。ここでは、このサービスを無効にすることを検討してください。

ステップ1、Windowsの検索ボックスで「サービス」を開きます。

ステップ2、「App Readiness」を探し、ダブルクリックします。新しいウィンドウで、スタートアップの種類に「無効」オプションを選択します。

「無効」オプションを選択

ステップ3、「適用」、「OK」を順次クリックし、この変更を適用します。

解決策6、BIOSをアップデート

コンピュータがスリープモードから復帰できないのは、古いBIOSが原因かもしれません。この原因を取り除くには、BIOSを更新してみてください。

警告:
BIOSのアップグレードには一定のリスクがあります。アップグレードしたBIOSインストールファイルのモデルがマザーボードのモデルと異なる場合、ファームウェアがサポートされていない場合など、コンピュータが完全にフリーズする可能性があります。ですから、慎重に検討することを強くお勧めします。

BIOSのアップデートをお考えの場合は、作業中に十分な電源が供給されていることをご確認ください。また、操作方法は記事「ガイド:Windows10 BIOSのアップデートとバージョンの確認」を参考にしてください。

黒い画面が表示され続けるコンピュータからデータを復元

上記の方法をすべて試しても、「スリープ後にWindowsの黒い画面が表示される」問題を解決できない場合は、Windowsの再インストールを検討するか、専門のコンピュータ修理機関や会社に助けを求める必要があるかもしれません。

しかし、その前に、ファイルの損失や破損を避けるために、コンピュータのデータを復元することをお勧めします。黒い画面が表示されたコンピュータからファイルを復元するには?そんな時、プロ仕様のデータ復元ソフトMiniTool Power Data Recoveryが役に立ちます。

このデータ復元ソフトウェアは、Windowsダウングレード後のデータ復元、Windows再インストール後のデータ復元、ファイルシステムが破損したドライブからのファイル復元など、データにアクセスできない、またはデータが失われた様々なシナリオで効果的にデータを復元できます。

そのブータブルメディアビルダ機能は、ブータブルデータ復元ツールを作成し、コンピュータを起動してスキャンし、データを復元するのに役立ちます。この機能は登録版でのみ利用可能です。

では、以下の手順に従って、ブータブルメディアを作成し、起動できないコンピュータからデータ復元を実行してください。

提示:
その前に、重要なファイルが入っていないUSBドライブを用意する必要があります。ブータブルメディアの作成プロセスの間に、USBドライブはフォーマットされ、中のデータは削除されるからです。そして、正常に機能しているコンピュータも用意する必要があります。

ステップ1、ブータブルUSBドライブを作成します。

まず、MiniTool Power Data Recoveryをダウンロードしてコンピュータにインストールします。下のボタンをクリックして、このハードドライブデータ復元サービスをダウンロードします。

MiniTool Power Data Recovery Trialクリックしてダウンロード100%クリーン&セーフ

次に、登録済みのMiniTool Power Data Recoveryを起動します。「MiniTool Power Data Recovery起動版」アイコンをクリックし、ブータブルUSBドライブを作成します。

「MiniTool Power Data Recovery起動版」をクリック

ステップ2、黒い画面のコンピュータをブータブルディスクから起動します。

ブータブルメディアを作成した後、メディアを黒い画面のコンピュータに挿入し、このチュートリアル‐「作成したMiniToolブータブルCD/DVDディスクまたはUSBフラッシュドライブから起動する方法」を参照してドライブからデバイスを起動します。

ステップ3、ターゲットパーティション/デバイスをスキャンします。

MiniTool Power Data Recoveryのメインインターフェイスで、データを復元したいドライブを選択し、「スキャン」ボタンをクリックしてスキャンを開始します。システムクラッシュは通常システムディスクデータにのみ影響するので、ここではCドライブをスキャンすることにします。

コンピュータ全体をスキャンしたい場合は、「デバイス」セクションに移動し、デバイス全体を選択することができます。

「スキャン」ボタンをクリック

すべてのスキャンプロセスが完了するまで待つ必要があります。

ステップ4、見つかったファイルを検索してプレビューします。

スキャンした後、選択されたパーティション/デバイスで検出されたすべてのファイルがスキャン結果のページにリストされています。デフォルトでは、それらは「パス」カテゴリーリストの下にツリー構造でリストされます。必要なファイルを見つけるために各フォルダを展開してください。しかし、これには時間がかかります。高速で目的のファイルを見つけるには、「タイプ」カテゴリーに移動して、画像、ドキュメント、音声とビデオなどのファイルタイプ別にファイルを表示することができます。

「タイプ」カテゴリー

フィルター」機能はまた同じ機能を実行することができます‐ファイルタイプ別に見つかったファイルを表示します。その上、「フィルター」ボタンを使って、ファイルカテゴリー、ファイルサイズ、ファイル更新日時により、不要なファイルをフィルターすることができます。

「フィルター」機能

検出されたファイルをプレビューし、必要なファイルであることを確認することは非常に重要です。検出されたファイルをプレビューするには、2つの方法があります。検出された各ファイルをダブルクリックするか、ファイルを選択して「プレビュー」ボタンをクリックします。

「プレビュー」機能

ステップ5、復元されたファイルを保存します。

最後に、希望するすべてのファイルにチェックを入れ、「保存」ボタンをクリックして復元ファイルの保存場所を指定します。黒い画面ではコンピュータのハードドライブにアクセスできないため、ファイルを外付けドライブに保存する必要があります。

保存

以上、正しく起動しないコンピュータからデータを復元する方法について説明しました。ファイルを復元した後は、Windowsを再インストールするか、修理センターにコンピュータを修理に出すことができます。

スリープモードからコンピュータを起動した後、画面が黒いままです。ありがたいことに、MiniTool Power Data Recoveryでデータを復元できました。Twitterでシェア

MiniTool Power Data Recovery Trialクリックしてダウンロード100%クリーン&セーフ

関連記事:Windowsの再インストール後にファイルを復元するトップ3つの方法

トップ推薦

スリープ後のWindowsブラックスクリーンのような不測の事態でデータがアクセス不能になったり、失われたりするのを防ぐには、毎日バックアップを取ることをお勧めします。

クラウドバックアップ、外付けハードドライブへのデータのコピー、専門的なデータバックアップソフトウェアの使用は、すべて素晴らしいバックアップソリューションです。その中でも、MiniTool ShadowMakerのようなプロフェッショナルで信頼性の高いファイルバックアップソフトウェアを最初に使用することを強くお勧めします。ファイルバックアップだけでなく、MiniTool ShadowMakerはシステムバックアップ、ディスクのクローンなどにも優れています。

さらに、完全バックアップ、増分バックアップ、差分バックアップなどの複数のバックアップ方式により、バックアップ時間を効果的に短縮し、バックアップファイルのメモリ使用量を削減することができます。今すぐMiniTool ShadowMakerのトライアル版(30日間無料試用版)をダウンロードして、データの保護を開始しましょう。

MiniTool ShadowMaker Trialクリックしてダウンロード100%クリーン&セーフ

結論

Windows 10やWindows 11がスリープ後に黒い画面が表示される」問題でお困りですか?上記の方法を試してみてください。

簡単な方法で黒い画面が直らない場合は、Windowsを再インストールするか、専門家の助けを求めることを検討してください。OSを再インストールする前に、ファイルを復元することを忘れないでください。また、毎日バックアップを取る習慣を身につけることが、データの安全性を守ることにつながります。

MiniToolソフトウェアの製品について問題がある場合は、お気軽に[email protected]までお問い合わせください。

  • hatena