MiniTool ShadowMakerユーザーマニュアル

ツール

MiniTool ShadowMakerは、バックアップソリューションを提供するだけでなく、さまざまなユーザーニーズに応えるいくつかの便利な機能も提供します。

メディアビルダー(Media Builder)

MiniTool Media Builderは、WinPEベースのブータブルメディアを作成する完璧なソリューションを提供します。これにより、コンピューターのハードウェアとの互換性が向上します。 MiniTool Media Builderを使用すると、コンピューターの起動に失敗した場合でも、オペレーティングシステムを以前の状態に復元できます。

WinPEベースのブータブルメディアを作成する方法

事前準備

書き込み可能なCD / DVDディスクを準備し、CD / DVDドライバーに挿入します。 または、USBフラッシュドライブを準備してから、PCに接続できます。 または、USBハードディスクをコンピューターに接続できます。

外付けドライブをブート可能なディスクにフォーマットする必要がありますか? 実際、MiniTool Media Builderは、USBハードディスク、USBフラッシュドライブ、CDおよびDVDディスクをサポートしています。 MiniToolブータブルディスクまたはドライブの作成中に、デバイスはフォーマットされます。 したがって、重要なデータがデバイスに保存されていないことを確認してください。

ステップ1:ツールからメディアビルダーを選択して、メインインターフェースに入ります。

Media Builder feature

ステップ2:MiniToolプラグインを備えたWinPEベースのメディアを選択して続行します。

MiniTool Media Builder

オプションをクリックすると、ブータブルメディアにドライバーを追加できます。

WinPEブートディスクに統合するドライバーを選択する

ステップ3:ここでは、MiniTool ShadowMakerを使用して、ISOファイルの作成、起動可能なUSBフラッシュドライブの作成、起動可能な外部ハードディスクの作成、または起動可能なCD / DVDディスクの作成を行うことができます。

メディアの宛先を選択

リムーバブルハードディスクがPCに接続されている場合にのみ、 USBハードディスクオプションが上の図に表示されます。

① ISOファイル:

.isoファイルを作成するには、 ISOファイルを選択し、.isoファイルを保存する場所を選択してください。

ISOファイルを選択

MiniTool Media Builderが.isoファイルの構築を完了するまで、しばらくお待ちください。 次に、完了ボタンをクリックします。

building an ISO file

.isoファイルの作成が完了したら、.isoファイルをUSBドライブまたはDVD / CDディスクに書き込み、デバイスからPCを起動する必要があります。

② USBフラッシュディスク

起動可能なUSBフラッシュドライブを作成するには、 USBフラッシュディスクオプションを選択し、多数ある場合は正しいUSBフラッシュドライブを選択してください。 次に、はいをクリックして、ブータブルメディアを作成することを確認します。

choose USB flash drive

MiniTool Media BuilderがUSBブータブルドライブの構築を完了するまでお待ちください。 最後に、書き込みに成功したら、完了をクリックします。

building a bootable USB disk

③ USBハードディスク

起動可能な外部ハードドライブを作成するには、USBハードディスク]オプションをクリックしてください。 次に、デバイスがフォーマットされることを知らせる警告が表示されます。 続行するには、はいボタンをクリックします。

choose USB hard disk for bootable media creation

MiniTool Media Builderが起動可能なUSBハードディスクの構築を完了するまでお待ちください。 最後に、書き込みに成功したら、完了をクリックします。

building a bootable USB hard disk

プロセス中に、MiniTool ShadowMakerは外部ハードディスクをフォーマットし、作成された.isoファイル用とデータを保存するための2つのパーティションに再パーティションします。

repartition external disk into two partitions

④ CD / DVDライター

起動可能なCD / DVDディスクを作成するには、 CD / DVDライターを選択し、はいをクリックして、書き込みを確認します。

burn to CD or DVD

MiniTool Media BuilderがCD / DVDブータブルディスクの作成を完了するまでお待ちください。 最後に、書き込みに成功したら、完了をクリックします。

building a bootable CD or DVD disc

異なるオペレーティングシステムとネットワーク環境に基づいて、ブータブルメディアの作成時間は異なります。 MiniTool Media Builderがまだ処理中の場合は、しばらくお待ちください。

WinPEベースのブータブルメディアから起動する方法

ステップ1:焼いたMiniToolブータブルメディアをPCに接続し、コンピューターを起動します。

ステップ2:BIOSに入る方法を示すメッセージが表示されるのを待って、プロンプトに従って操作します。 異なるコンピューターでは異なるメッセージが表示されるか、ユーザーがBIOSにアクセスするために異なるキーを押す必要があることに注意してください。 メッセージが表示されない場合は、コンピューターを再起動してもう一度お試しください。

ステップ3:BIOSで、最初の起動順序を設定する必要があります。

①USBフラッシュディスクから起動する場合は、USBドライブを最初の起動オプションとして設定し、構成の変更を保存します。

boot PC from USB flash drive

② CD / DVDディスクから起動する場合は、ディスクを最初の起動オプションとして設定し、構成の変更を保存します。

boot PC from CD or DVD in BIOS

③ 外付けハードドライブから起動する場合は、ディスクを最初の起動オプションとして設定し、構成の変更を保存します。

boot PC from USB hard disk

ステップ4:画面解像度を変更するかどうか、およびMiniTool Softwareをロードするかどうかを選択すると、MiniTool ShadowMaker Bootableのメインインターフェイスがようやく表示されます。

whether to change screen resolution

whether to load MiniTool Software

MiniTool PE Loader

ブートメニューの追加

通常、起動可能なメディアを作成するには、.isoファイルをUSBフラッシュドライブまたはCD / DVDディスクに書き込む必要があります。 ただし、MiniTool ShadowMakerは、この目的を達成するためのより簡単な方法を提案します。 MiniTool ShadowMakerをブートメニューに追加するだけで、Windows PEを起動し、ブータブルメディアなしでシステム全体を復元できるMiniTool Recovery Environmentを開始できます。

ブートメニューを追加する方法

ステップ1. ツールの下にブートメニューの追加に入ります。

add boot menu

ステップ2. ブートメニューの追加を選択し、操作を確認します。

select add

confirm add

ステップ3.操作が完了するまで待ちます。

add successfully

MiniTool Recovery EnvironmentがWindowsのスタートアップメニューに追加されると、Windows OSに入るか、MiniTool Recovery Environmentに入るかを選択できます。

minitool recovery environment

ブートメニューを削除する方法

MiniTool Recovery Environmentが不要になった場合は、ブートメニューを削除できます。

ステップ1. ツール配下のブートメニューの追加に入ります。

add boot menu

ステップ2. ブートメニューの削除を選択して、操作を確認します。

select delete

confirm deletion

削除はすぐに終了します。

delete successfully

マウント

MiniTool ShadowMakerでは、パーティション バックアップ イメージ、ディスク バックアップ イメージ、システム バックアップ イメージを仮想ドライブとしてマウントすることができます。ただし、これらのイメージはすべて MiniTool ShadowMaker を使用して作成する必要があることにご注意ください。また、バックアップイメージがマウントされると、対応する新しいパーティションがWindowsエクスプローラーに表示されるので、そのパーティションにすばやくアクセスして内部のバックアップ ファイルを確認することができます。

イメージをマウントする方法

ステップ1. ツール配下のマウントに入り、リストウィンドウからバックアップタスクを選択します。

mount

ステップ2.リストからバックアップタスクを選択し、次へをクリックして続行します。

select backup task

ステップ3.バックアップバージョンを選択し、次へを押して続行します。

select backup version

ステップ4.マウントするパーティションを選択し、完了をクリックします。

select partition

ステップ5. MiniTool ShadowMakerは、ドライブイメージをマウントするかどうかを尋ねます。はいをクリックして確認します。

confirm mounting

すぐに取り付け作業が完了します。 これで、Windows Explorer の下に新しいマウントされたパーティションが表示されます。

finish mounting

マウントの解除

必要なすべての操作が終了したら、仮想ディスクをそこに維持するとかなりのシステムリソースが必要になり、誤ったパーティションでいくつかの操作を実行する可能性があるため、仮想ディスクをマウント解除できることが推奨されます

イメージのマウントを解除する方法

ステップ1. ツール配下のマウントの解除に入ります。

dismount

ステップ2.マウント解除するボリュームを確認し、マウント解除ボタンをクリックします

check volume

dismount successfully

ディスクのクローン

クローンは、MiniTool ShadowMakerのもう1つの便利な機能で、ハードドライブのアップグレードに重要です。 ディスククローンとディスクイメージの大きな違いは、ディスクのクローンを作成すると、操作後に直接使用できるのに対し、ディスクイメージを直接使用する前に復元する必要があることです。 MiniTool ShadowMakerは、ダイナミックディスクのクローン作成にも役立ちます。

注:

クローンを作成する必要がありましか? これは実際の状況に依存します。 OSを再インストールせずにディスクをより大きなものにアップグレードする必要がある場合は、クローン作成をお勧めします。 ディスクデータをイメージファイルにバックアップする場合、クローン作成ではそれを認識できませんが、バックアップ機能ではできます。

ベーシックディスクを複製する方法

ステップ1. ツール配下のクローンディスク]に入ります。

choose Clone Disk

ステップ2.クローンを作成するディスクとコピーを保存する場所を選択します。

clone source and destination interface

choose clone source

choose target disk for cloning

ステップ3.タスクを開始することを確認し、プロセスが完了するのを待ちます。

confirm disk to clone

wait the process to be finish

注意すべきメッセージ:

ディスクのクローン作成が正常に完了すると、次のメッセージが表示されます。

read the notice carefully

これは、ソースディスクとターゲットディスクの両方に同じ署名があるため、Windowsによって1つのディスクがオフラインとしてマークされることを意味します。 不要なものを削除してください。

注:

「操作が完了したらコンピューターをシャットダウンする」にチェックを入れると、クローン作成後にソースディスクまたはターゲットディスクをコンピューターから取り出すことができます。

ダイナミックディスクのクローンを作成する方法

MiniTool ShadowMakerでは、ダイナミックディスクのクローンを作成することもできます。 これで、次の手順を参照できます。

ヒント:

シンプルボリュームのクローンのみ作成できます。

ステップ1:ツール配下のディスクのクローンに移動します。

choose Clone Disk

ステップ2:ソースディスクをクリックしてクローンソースを選択します。 ここでは、ダイナミックディスクを選択する必要があります。

choose the clone source

ステップ3:[ターゲットディスク]セクションをクリックして、ターゲットディスクを選択します。

select target disk for dynamic disk cloning

ステップ4:タスクを開始することを確認します。

confirm the information

ヒント:

ターゲットディスク上のすべてのデータは破棄されるため、事前にバックアップしてください。

ステップ5:プロセスが完了するのを待ちます。

wait the process to finish

ステップ6:プロセスが終了すると、次のメッセージが表示されます。

read the notice carefully

これは、ソースディスクとターゲットディスクの両方に同じ署名があるため、どちらかを切断または削除する必要があることを意味します。 さらに、ターゲットディスクからコンピューターを起動する場合は、BIOS設定を変更する必要があります。

MiniTool PXEブート

PXEはPreboot Execute Environmentの略です。 MiniTool PXE Bootは、ネットワーク内のマイクロシステムから多くのコンピューターを起動するように設計されています。 簡単に言えば、MiniTool PXEブートを使用して、同じネットワークから他のクライアントPCをブートできます。 起動後、すべてのクライアントPCは、Windows PEマイクロシステムで提供されるツールを使用して、バックアップ、復元、または複製できます。 つまり、MiniTool PXEブートは、LAN内の複数のコンピューターを維持するための最良の方法を提供します。

MiniTool PXEブートの使用方法

ステップ1.ホストコンピューターのツールPXE]を選択します。

PXE

ステップ2. 開始ボタンをクリックして、PXEサービスを開始します。

start pxe service

ヒント:

MiniTool PXEブートツールは、関連するDHCP値を自動的に構成します。 ただし、開始をクリックする前に、設定と入力して値を変更できます。

change value

ステップ3.数分後に、MiniTool PXEブートはサービスを開始してクライアントPCを接続します。

preparing winpe

「サーバーに接続されました」という情報が表示されたら、BIOSでネットワークから起動するようにクライアントPCを設定できます。 すべてのクライアントPCがPXEネットワークから起動している場合、多くのクライアントでハードドライブを保守するのが簡単になります。

connect to server

ステップ4.すべてのクライアントPCですべてのタスクを完了したら、ホストコンピューターでPXEサービスを停止できます。

stop pxe

リモート

次に、リモートコンピューターとは何ですか?

リモートコンピューターは、ユーザーが物理的にアクセスできないコンピューターです。 ただし、ユーザーは何らかのコンピューターネットワーク経由でアクセスまたは管理できます。 リモート接続は、コンピューターとそれにアクセスするために使用されるデバイスに接続するネットワークを使用して行われます。 たとえば、MiniTool ShadowMakerを使用すると、ユーザーはIPアドレスを入力した後にアクセスしたり管理したりできます。 その後、同じLAN内にある限り、リモートコンピューターを管理できます。

コンピューターのIPアドレスをどのように知っていますか?

コンピューターのIPアドレスを知るには、コマンドラインウィンドウを開き、 ipconfig コマンドを入力して Enter を押して続行します。 したがって、コンピューターのIPv4アドレスがここに一覧表示され、他の人がコンピューターにアクセスするために使用できることがわかります。 もちろん、ネットワークと共有センターでIPアドレスを知ることもできます。

リモートコンピューターにアクセスするにはどうすればいいですか?

「ツール」タブに移動し、「リモート」ボタンをクリックすると、MiniTool ShadowMakerが再起動されます。それから、ポップアップウインドウでIPアドレスを入力し、右欄の「接続」をクリックしてリモートバックアップを開始します。

remote

remote

コマンドシェル

コマンドシェルは上級ユーザー向けに設計されており、Windows PEでのみ表示されます。 コマンドシェルを選択すると、Windowsで実行するように設計されたタスクまたは機能を実行するWindows組み込みcmd.exeが表示されます。

コマンドシェルへのアクセス方法

ステップ1. ツールからコマンドシェル]を選択します。

command shell

ステップ2.すぐにWindowsビルトインcmd.exeが表示されます。 次に、実行するコマンドを入力します。

cmd

ユニバーサル復元

システムを元のハードウェアまたは同一のハードウェアに復元するのは簡単です。 ただし、異なるハードウェアにシステムを復元しようとすると、復元されたシステムが起動に失敗する可能性があります。 これは、新しいハードウェアがシステムに含まれる重要なドライバーと互換性がないためです。 したがって、ユニバーサル復元(Universal Restore)機能は、互換性のない問題を解決するためにドライバーをインストールおよび更新するのに役立ちます。

MiniTool Universal Restoreテクノロジーを使用すると、システムを使用可能な任意のマシンに復元できます。 プロセッサ、マザーボード、またはチップセットが異なるコンピューターにシステムを復元する場合は、MiniTool Universal Restoreが役立ちます。 このユーティリティは、現在のオペレーティングシステムの起動に不可欠なデバイスの必要性を検出してインストールします。

Windowsバックアップを別のコンピューターに復元するには、MiniTool Media Builderで作成されたMiniTool ShadowMakerのブート可能なエディションを使用していることを確認してください。

次に、復元機能を使用して、クラッシュしたコンピューターのハードドライブにシステムイメージを復元します。 次に、Universal Restoreを使用して非互換性の修復を完了します。

ユニバーサルリストアの実行方法

ステップ1. MiniTool ShadowMakerによって作成されたWinPEを入力します。

ステップ2. ツールで、ユニバーサルリストアを選択します。

universal restore

ステップ3. MiniTool Universal Restoreは、ハードドライブにインストールされているオペレーティングシステムを自動的に検出して一覧表示します。

detect system

ステップ4.復元するオペレーティングシステムを選択し、復元ボタンを押します。 プロセスが完了したら、WinPEを終了して、異なるハードウェアでWindowsを正常に起動できます。

select system

restoring

restoring finished

ヒント:

復元をクリックする前に、ドライバーフォルダーの追加をクリックしてドライバーフォルダーを追加することもできます。

add driver folder